典型的な下半身デブの私

私は現在、九州にある国立大学に通うため、家族と離れて一人で暮らしています。この生活に入る前は、生まれて始めての一人で生活に不安でいっぱいでしたが、半年も経過すると流石に慣れるもので、今では「一人暮らしの方が、親と一緒にいるよりも楽かもしれない」などと少しばちあたりなことを考えてしまうほどです。

大学の方も色々と順調で、「せっかくのキャンパスライフを楽しいものにしたい」と入ったテニスサークルでは、何と始めての彼氏ができました。本当に怖いくらいに順調な大学生活を送っていますが、実は私には一つ不安があります。

肥満=病気は、もう通用しない! 「皮下脂肪で病気を防ぐ」という、健康の新常識 ――内臓脂肪以上に危険。命を脅かす「第3の脂肪」とは?|追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント|ダイヤモンド・オンライン

それは、せっかくできた彼氏に振られてしまうんじゃないかということ。普段、服を着ていると外からはなかなか分からないようなのですが、私は典型的な「下半身デブ」で、イヤな意味で「脱ぐとすごい」身体つきをしているのです。

レプチン>肥満>ホルモン

特に太ももからふくらはぎにかけてのラインが、まるでボンレスハムのように膨れており、自分でもこの部分が嫌で仕方ありません。これまで何度かダイエットにも挑戦し、「目指せ下半身美人!」などと頑張ってみたのですが、あえなく失敗。結果として、これまで腰から下がスレンダーだったことなどありません。



もうこうなったら、彼にばれてしまう前に美容外科で脂肪吸引でもして、むりくりにでも痩せてやろうかしらとふと考えてしまう私がいます。